読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出のまーにー

あおくるまーにー

三月獅。

今まで漢字三文字のタイトルでやってきましたが、ネタが切れてきました。

三月獅=3月のライオンです。

原作もアニメも雰囲気が好き。

 

 

▼今日の一枚。

f:id:aoklmani:20161016121616j:image

BUMP OF CHICKENのbutterfly。

3月のライオン主題歌のファイターも入ってます。

 

 

 

▼欅革命

こういうの出るといろいろ書きたくなっちゃうのが私。

f:id:aoklmani:20161016135636j:image

f:id:aoklmani:20161016135639j:image

例えば。

SEKAI NO OWARIのerrorとコラボさせてみました。

歌詞とすごく合う。

 

 

 

突然ですが小説書きまーす。

そのうち1から書くかもしれないのでメモとして。

『革命戦線』

⚠︎一応この物語は欅坂とは全く関係ありません。としておく。

今回はざくーるの話を書きます。

詳しいキャラ設定は前回のブログを見てね!

 

 

 

ー私だけが。

血が混ざり合う戦場から少し離れた場所で、理佐の頭に秋元の言葉が響いていた。

『役に立たないのはお前だけだ。』

私が敵の手脚に撃つ。弱った敵を仲間が倒してくれる。それで良いはずだった。成績が毎回最下位でも、仲間の役に立っていると思っていた。でも、秋元はそれを許さなかった。

『明日までだ。明日の戦いで人を殺せないようなら、ここをやめてもらう。また普通の暮らしに戻ればいい。』

 

ー嫌だ。

やっと仲間が出来たのに。今更手放すなんて。

さっき倒したはずの敵が、こっちに銃を向けている。あの時と同じだ。重症の敵を前にして、私は怯み、引き金を引けずに、そして撃たれた。

ー殺さなくちゃ。

手が震える。汗が吹き出す。近くで戦っている相棒が、心配そうにこっちを見た。

「今、やるから。待って」

躊躇してる間に倒されてしまった。

 

「急にどうしたんだよ。今まで理佐のライフルと私の弓でうまくやってきたじゃんか。理佐は誰も殺さなくていいんだよ」

殺さないとやめさせられちゃう…と言いかけて口をつぐんだ。そんなこと言ったら、相棒はどうにかして私をこの場所に残そうとするだろう。迷惑かけたくない。

「私を卒業したいの?」

何も答えられない。俯いたままでいると、相棒は銃の先を自分の心臓に押し付けた。私を試しているのだ。

「どうしてもって言うなら、私を」

この人は何を言ってるんだ?声は頭の中で反響するばかりで、ちっとも理解出来ない。

そして笑う。

「理佐と私は2人で1人だから。私が理佐の初めてになってもいい?」

私に何を求めている?

「引きなよ、はやく」

私はまた俯いた。逃げだとわかってはいるけど。だってどうすればいいだろう。

相棒は笑って私の頭を撫でた。

「全く、だめだなぁ。なんかあったんだね。秋元になんか言われたんでしょ。え、図星?やだなーもう私ったらすーごーいー」

愛佳はいつもの調子に戻った。

「大丈夫だって!どうにでもなるよ!理佐は理佐らしく!私はいつもの理佐が大好きだよ!」

また困らせてしまった。胸がズキズキする。私のせいで…

 

「愛佳!」

愛佳が撃たれた。さっきの敵だ。死んでなかったんだ。相棒は倒れたまま動かない。血が流れてゆく。この光景を見るのが嫌で誰も殺さないと決めたのに。また私のせいで…

「嫌だ…愛佳…どこにも行かないで…私の…そばに…」

 

私の中で何かがドロドロ音を立てている。

この衝動が外に出たいと言っている。

「殺す…」

そして出ていく。

「殺してやる…!」

何度も何度も、心臓に向かって撃ち続けた。

敵が動かなくなっても。

周りに誰もいなくなっても。

戦いが終わっても。

 

そして、意識が離れていった。