読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出のまーにー

あおくるまーにー

最終話。

f:id:aoklmani:20161001213649j:image

パッピーパロウィン~

 

f:id:aoklmani:20161001213744j:image

ぬかおっと~

 

バカ兄弟

 

恥ずかしいですねぇ。

あおくるはこんなアホしないですよ。

ええ、しないですとも。

(誰だ、ずぃんろうって言ったの。)

 

 

 

 

 

今日は大五郎の火葬の日ですね。

公式Twitter見てきたから、燃やされるシーンはちょっと泣いちゃいそう。

f:id:aoklmani:20161001214156j:image

 

この後のてち、「ありがとう」って言ってたけど、その言葉には色々含まれてますよね。

アナザーストーリー作ってみたのであとは絵描きさんよろしくお願いします。

「ありがとう」の後。「ヒーローになったてちの話。」はじまりはじまり。

 

 

 

 

 

「ねぇ先生。」

 

誰もいない教室に取り残されて、身軽に窓に飛び乗って腰掛けた。

 

「しょっぴいたよ」

 

徳山が死んでから、教室に自分の居場所ができた。怖くなかったと言ったら嘘になるけど、死体だからといって特別躊躇することもなかった。いつか人を殺しちゃうような気がしてた。みんなにはあって、自分に無いものが確かにあった。周りには誰もいなかった。

 

あの時から、物怖じしない自分を見て、みんなが頼りにしてくれるようになった。自分が口を開くことで教室の空気が変わるのが心地よかった。ヒーローになったみたいな。

 

でも今、もう、敵はいない。

 

戦うものも。

守るものも。

 

そもそも、何から守ろうとしてたんだろう。

探偵気取りで満足してただけだった。

私は、徳山の死を利用した。

 

キャンプファイヤーがいっそう燃え上がって、生徒が楽しそうな悲鳴をあげている。

事件が解決していなかったら、今頃私はあそこにいたのかもしれない。