読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出のまーにー

あおくるまーにー

中二病。

中二病は病気です。一生一緒。

終わっちゃったなー。楽しかったなー徳誰。

f:id:aoklmani:20161002075138j:image

クソオチじゃないよー。とっても良かったよー。

自己満小説、ぼちぼちあげていきましょか。

次が最後になるかと思います。

 

 

 

 

 

教室の外から聞きなれた物音がした。

 

「これはこれは理事長閣下。まだ何か御用で?」

 

彼はため息をついてまた汗を周囲に撒き散らす。人を小馬鹿にしたような薄ら笑いを浮かべた。

 

「泣かなくていい。一人で背負わなくていいんだぜ?青春ってのは、みんなで乗り越えるものなんだから」

「もう私の青春は終わったんですよ」

 

また鼻で笑われた。

 

「イッツ ア ショー タイム」

「もう事件は解決してますけど?」

「青春は終わらない。ヒーローがピンチの時ってのはヒロインが励ますもんなんだ」

「はぁ」

 

全部自分の掌で起こってると思っていやがる。

私が困ってるのを見て嬉しそうに去っていった。

 

この一週間、楽しかったなぁ。

橋部に操られ続けて、犯人にされかけたりもしたけど。

 

やばい。振り返ったらだめだ。

泣いてしまう。

 

「もう泣いてんじゃん」

橋部の差し金か、にしてはヒロイン感がない。

教室の入り口にもたれて、志田がニヤついていた。